総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  健康・福祉  >  軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業

健康・福祉


軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業

最終更新日 [2013年4月1日]  

 身体障害者手帳の対象とならない軽度・中等度難聴児の補聴器購入費用の一部を助成します。

 

  • 助成対象児童

 18歳未満の方であって、両耳の聴力レベルが30デシベル(db)以上で、身体障害者手帳の交付対象とならない方

※ 補聴器の装用により言語の習得等一定の効果が期待できると指定医師から診断された方に限り

 ます。

※ 世帯の中に、市町民税所得割額が46万円以上の方がいる場合は対象外となります。

  • 助成対象経費

 補聴器の購入費用(新規購入及び耐用年数(5年)経過後の更新)

  • 助成額

 下表の補聴器の1台あたりの基準価格と補聴器の購入費とを比較していずれか少ない方の額に3分の2を乗じて得た額(100円未満の端数は切捨て)

 

名  称

1台当たり
の基準価格

基準価格に含まれるもの

 軽度・中等度難聴用ポケット型

43,200円

 ①補聴器本体(電池を含む。)

 ②イヤーモールド(不要の場合は基準

   額から9,000円を除く。)

 軽度・中等度難聴用耳かけ型

52,900円

 高度難聴用ポケット型

43,200円

 高度難聴用耳かけ型

52,900円

 重度難聴用ポケット型

64,800円

 重度難聴用耳かけ型

76,300円

 耳あな型(レディメイド)

87,000円

 ①補聴器本体(電池を含む。)
 耳あな型(オーダーメイド)

137,000円

 骨導式ポケット型

70,100円

 ①補聴器本体(電池を含む。)

 ②骨導レシーバー
 ③ヘッドバンド

 骨導式眼鏡型

127,200円

 ①補聴器本体(電池を含む。)
 ②平面レンズ(不要の場合は基準額か

   ら1枚につき3,600円を除く。)

 FM型補聴器の場合は、基準額に

 右のものを追加できる

 ①FM型受信機   80,000円

 ②ワイヤレスマイク 98,000円
 ③オーディオシュー  5,000円
 ※ワイヤレスマイクは1台のみ

 

  • 申請手続に必要なもの

① 軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成金支給申請書

② 軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業意見書

③ 補聴器の見積書

④ 印鑑

 

注)購入後の申請はできませんのでご注意ください。

 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
障害福祉係
電話:095-865-6940(直通)
ファックス:095-882-9293(代表)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

[トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
(製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
 戻る ホーム