総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  健康・福祉  >  健康遊具&ウォーキングで心身共にリフレッシュを!

健康・福祉


健康遊具&ウォーキングで心身共にリフレッシュを!

最終更新日 [2017年3月26日]  

 時津町の中心にある時津ウォーターフロント公園には、6種類の健康遊具があります。健康遊具にはそれぞれに使用方法の説明看板が付いており、どなたでもマイペースで使用することができます。

 また、時津ウォーターフロント公園と、隣接する神崎緑地公園には遊歩道があり、両公園を合わせると1周で1,200mにもなります。
 波穏やかな大村湾を望みながら、ゆっくりと健康遊具&ウォーキングを楽しんでみませんか?

 時津町では、健康遊具とウォーキングによる効果的な健康維持のために、

健康遊具教室を開催しています。

皆さまの健康管理のため、ぜひ教室にご参加ください!

健康遊具教室の開催時期については、広報とぎつ等でお知らせします。

 
◆健康遊具使用上の注意◆

  • 健康遊具の使用前後には、十分な準備運動、整理運動を行ってください。
  • 健康遊具は、各遊具ごとの説明看板をよくお読みの上、ご使用ください。使用方法を誤ると、思わぬケガをすることがあります。
  • 健康遊具は、ご自身の体調、体力に合わせて、無理をしないようにご使用ください。
  • 健康遊具は大人が使用することを前提に設計されています。小さなお子様が使用する場合は、保護者の監督が必要です。思わぬ事故につながることがあります。

 

健康遊具の使用方法
  
A.背伸ばしベンチ

 【効果】肩・腰を柔らかくする 呼吸機能を高める
 【使用方法】
  ①ベンチに深く腰掛ける。
  ②両手を上に挙げ、背中を反らせて背もたれにもたれかかる。
  ・背中を反らせるのは、5秒程度を目安に
  ・息を吐きながら、勢いを付けずにゆっくりと伸ばす
 【より効果的な方法】
  ・上に挙げた両手を重ねて背中を反らすと、ストレッチ効果が大きくなる

 

B.肩・腕の運動器
 【効果】肩・腕の関節を柔らかくする
 【使用方法】
  ①遊具と向かい合わせに立つ。
  ②ハンドルを片手で持ち、1番から12番のまで順番にハンドルを動かす。
  ③12番まで進んだら、12番から反対に1番までコマを動かす。
  ・肩の力を抜いて、ゆっくり行う
  ・最初は左手1回、右手1回を目安に
 【より効果的な方法】
  ・遊具に対して半身に立つとストレッチ効果大きくなる

 

C. ワン・ツー滑車

 【効果】腕・肩・体幹部・体側を伸ばすことにより関節可動域を改善する。

 【使用方法】

  ①遊具と背中合わせに立つ。

  ②両腕でロープを1本ずつ握る。

  ・ロープを握る位置(高さ)は、左右対称で、頭より上。肘が伸びきらない。

  ③ロープを交互に引く。(左右交互に、10回)

  ・息を吐きながら、勢いを付けずに、ゆっくりと伸ばす。

  ・伸ばしている側の、かかとが浮きそうなくらい、しっかり伸ばす。

  ・足が浮き上がってしまいそうだったら、握る位置を少し低めに調節する。

 【その他の方法】

  ・ロープを用いることで、あらゆる方向に対して動かすことができます。

   いろいろな向きで、ひじや肩の筋肉を伸ばしてみましょう。

 

ダブル踏み台昇降

 【効果】足腰の筋力アップ
 【使用方法】
  ①手すりを両手でしっかり持つ。
  ②右足から左足の順番でステップ台に登り、右足から左足の順番で降りる。
  ③次は左足から右足の順番でステップ台に登り、左足から右足の順番で降りる。
  ・息を止めずに行う
  ・最初は10回を目安に
 【より効果的な方法】
  ・自身の体力に合わせてステップを選ぶ
  (初級:低い台のみ 中級:高い台のみ 上級:低い台と高い台を交互に)

 

E.ツイスト
 【効果】腰(体幹)を柔らかくする
 【使用方法】
  ①両手で手すりをしっかり持ち、背筋を伸ばして座る。
  ②顔を正面に向けたまま下半身を左にひねる。
  ③次に顔を正面に向けたまま下半身を右にひねる。
  ・勢いを付けずにゆっくりひねる
 【より効果的な方法】
  ・下半身を左にひねるときは、顔は右に向ける

   下半身を右にひねるときは、顔は左に向ける

 

F.腹筋ベンチ

Ⅰ腹筋運動
 【効果】腹筋の筋力アップ
 【使用方法】
  ①ベンチの上に仰向けになり、足先をバーに掛ける。
  ②膝を立てた状態で、両手で膝をつかむように手を伸ばしながら、息

   を吐きながらゆっくりと上体を起こす。上体を起こしたまま5秒程

   度制止し、ゆっくりと元に戻す。
 【その他の方法】
  ①膝を立てた状態でベンチの上に座り、足先をバーに掛ける。
  ②上体を起こした姿勢から、ゆっくりと上半身を後ろに倒す。
  ③起き上がることができるところまで上体を倒したら、3~5秒程度

   制止し、ゆっくりと上体を起こす。
  ・膝は90度程度曲げる
  ・腕は胸の前で交差する

 

Ⅱブリッジ運動
 【効果】大臀筋・ハムストリングの筋力アップ
 【使用方法】
  ①ベンチの上に仰向けになり、膝を立てて足の裏をベンチに付ける。
  ②体が一直線になるようにお尻を浮かせる。
  ③3~5秒程度制止した後、ゆっくりとお尻を下ろす。
 【より効果的な方法】
  ・おしりを浮かせた状態で、片足を伸ばす。

 

 


健康遊具を取り入れた効果的なウォーキングの方法は、こちらをご覧ください。

 

 

この情報に関するお問い合わせは
時津町地域包括支援センター
電話:095-813-2530(直通)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

[トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
(製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
 戻る ホーム