総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  健康・福祉  >  在宅サービス

健康・福祉


在宅サービス

最終更新日 [2017年8月17日]  

1 居宅介護(ホームヘルプ)

 自宅で入浴、排泄、食事の介護等を行います。

2 重度訪問介護

 重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、自宅で入浴、排泄、食事の介護、外出時における移動支援などを総合的に行います。

3 同行援護

 視覚障害により、移動に著しい困難を有する人に、移動に必要な情報の提供(代筆・代読を含む)、移動の援護等の外出支援を行います。

 4 行動援護

 自己判断能力が制限されている人が行動するときに、危険を回避するため必要な支援、外出支援を行います。

5 短期入所(ショートステイ)

 自宅で介護する人が病気の場合などに、短期間、夜間も含め施設で、入浴、排泄、食事の介護などを行います。

6 重度障害者等包括支援

 常に介護を必要とし、意思疎通を図ることに著しい支障がある方のうち、四肢の麻痺及び寝たきりの状態にある方並びに知的障害又は精神障害により行動上著しい困難を有する方に、居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、生活介護、短期入所、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援及び共同生活援助を包括的に提供します。

7 地域移行支援

  障害者支援施設等に入所している障害者又は精神科病院に入院している精神障害者の方に対して、住居の確保その他の地域における生活に移行するための活動に関する相談その他の必要な支援を行います。

8 地域定着支援

  居宅において単身等で生活する障害者の方に対して、常時の連絡体制を確保し、障害の特性に起因して生じた緊急の事態等に相談その他必要な支援を行います。

 

※1~8の申請に必要なもの

  • 支給申請書兼利用者負担減額・免除申請書
  • 世帯状況、収入等申告書
  • 同意書
  • 印鑑
  • 個人番号(マイナンバー)が分かる書類、本人身元確認書類等が必要になります。
  • その他、世帯の状況等で必要書類が異なる場合があります。

9 訪問入浴サービス

 重度障害者の居宅を訪問し、浴槽を提供して入浴の介護を行います。

※9の申請に必要なもの

  • 訪問入浴サービス給付費支給申請書
  • 印鑑

 

10 移動支援事業

 生活上必要不可欠な外出及び余暇活動等の社会参加のための外出の際の移動支援を行います。

※10の申請に必要なもの

  • 時津町移動支援給付費支給申請書
  •  印鑑

  *事前に、利用希望事業所と相談されてから申請をしてください。

 

     

この情報に関するお問い合わせは
障害福祉係
電話:095-865-6940(直通)
ファックス:095-882-9293(代表)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

[トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
(製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
 戻る ホーム