総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  介護保険  >  在宅サービスには使える限度額があるの?

介護保険


在宅サービスには使える限度額があるの?

最終更新日 [2016年8月3日]  

●在宅サービスには使える限度額があるの?
 介護サービスを利用したときは、サービス費用の1割(一定以上所得者の場合は2割)が利用者負担となっています(9割又は8割は保険から給付されます)。具体的な額は、要介護度の段階や利用するサービス内容などにより異なります。
  また、1ヶ月間に利用できるサービスに上限(支給限度額)が設けられています。もしも限度
額を超えてサービスを利用する場合には、超える分について全額が利用者負担となります。
 そのため、サービスを利用するときは、事前にケアマネジャーとよく相談してください。
【在宅サービスの支給限度額】

要介護度

サービスの上限(月額)

利用者負担(月額)

要支援1

 50,030円

 限度額の範囲内で、利用したサービスにかかった費用の1割(一定以上所得者の場合は2割)を負担します。限度額を超える場合には、超える分について全額利用者負担となります。

 

要支援2

104,730円

要介護1

166,920円

要介護2

196,160円

要介護3

269,310円

要介護4

308,060円

要介護5

360,650円

この情報に関するお問い合わせは
高齢者支援課
電話:095-882-2211(代表)
ファックス:095-882-9293(代表)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

[トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
(製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
 戻る ホーム