総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  くらし  >  平成27年10月5日マイナンバー制度スタート

くらし


平成27年10月5日マイナンバー制度スタート

最終更新日 [2017年8月17日]  



平成27年10月から順次、町民の皆さん一人ひとりにマイナンバー(個人番号)が通知されます。

 

 【平成27年10月から順次、通知カードが配布されます】

 平成27年10月から順次、住民票に登録されている国民及び外国人の皆さん一人ひとりに12桁のマイナンバーが通知されます。

 通知は、市区町村から、原則として住民票に登録されている住所あてにマイナンバーが記載された「通知カード」を世帯単位に簡易書留で郵送することによって行われます。

 マイナンバーは生涯使うものです。マイナンバーが漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除いて、番号は変更されませんので、マイナンバーの「通知カード」などは大切に保管してください。

 

 

【通知カード】

画像

 通知カードは、紙製のカードを予定しており、氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーが記載されたものになります。通知カードは住民票に登録されている方に送られますが、顔写真が入っていませんので、本人確認に利用するときは、別途、顔写真が入った証明書などが必要になります。
※画像は通知カード(表面)のイメージです。

 

【個人番号カード】 

番号カード画像(表)
個人番号カードは、氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーなどが記載され、本人の写真が表示されます。このカードだけで本人確認のための身分証明書として利用できるほか、カードのICチップに搭載された電子証明書を用いて、e-Taxをはじめとした各種行政手続のオンライン申請を行うことができます。※初回発行手数料は無料です。(電子証明書を含む) ※有効期間は発行日から申請者の10回目の誕生日まで。(ただし、20歳未満は5回目の誕生日まで) ※電子証明書は発行日から5回目の誕生日まで。
 ※画像は個人番号カード(上:表面 下:裏面)のイメージです。
番号カード画像(裏)

 


 
 マイナンバーを、きちんと受け取って活用するために
 
【9月中に確認していただくこと】
・住所の確認をお願いします。
・住民票の住所と異なるところにお住まいの方は、カードがお手元に届きませんので、役場窓口で住民票の異動届を9月30日までに行ってください。
 
※平成27年10月5日以降、長期間にわたって医療機関・施設等に入所・入院することが見込まれ、かつ、入院・入所期間中は住所地に誰も居住していないため、住所地において通知カードの送付を受けることができない方は、居所情報登録申請が必要ですので、下記のパンフレットおよび申請書を確認願います。
 

【簡易書留郵便で受け取ったら中身を確認】
・簡易書留郵便が届いたら、次の3つが入っているか確かめてください。
①マイナンバーの「通知カード」
②「個人番号カード」の申請書と返信用封筒
③説明用パンフレット
 
【個人番号カードの取得を希望される方は申請が必要】
・個人番号カードの取得を希望される方は、主に次の2通りの申請方法があります。
①通知カードと一体となった申請書(個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書(仮称))を切り取って、同封の「説明書」をご確認のうえ記入し、必ずご本人の顔写真を貼ってから、返信用封筒に入れて郵便ポストへ投函。
②オンラインで申請する場合は、スマートフォンで顔写真を撮影し、申請書に表示されている「QRコード」を読み取って、所定のフォームからオンラインで申請。

通知カード及び個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書(仮称)のイメージ

                                申請書(表)                申請書(裏)          
カード申請書画像(表)          カード申請書画像(裏)

 【個人番号カードの受け取り】

・平成28年1月以降、ご本人が時津町役場の窓口で受け取れます。

 受け取るときには、次のものが必要となります。

①通知カード

②個人番号カードの準備ができたことを知らせる「交付通知書(申請後、郵便で届けられます)」

③運転免許証などの本人確認書類

④住民基本台帳カード(所持している方は回収します)

  住民基本台帳カードと個人番号カードとの重複所持はできません。

 

※受け取る際、オンラインでの本人確認等に使用する「パスワード」の設定が必要です。

 

【住民基本台帳カードをお持ちの方へ】

・マイナンバー制度の導入に伴い、時津町の住民基本台帳カードの交付申請は平成27年12月4日(金)午後4時をもって終了します。平成28年1月からは、申請に基づき、個人番号カードの交付が始まりますが、現在お持ちの住民基本台帳カードは、有効期限まで引き続き使用することができます。

 ただし、住民基本台帳カードと個人番号カードとの重複所持はできないため、住民基本台帳カードをお持ちの方が個人番号カードを取得した場合は、その時点で住民基本台帳カードは廃止・回収されることになります。

 

【電子証明書を住民基本台帳カードに搭載している方へ】

・住民基本台帳カードに搭載している公的個人認証サービス電子証明書の発行更新手続は、平成27年12月22日(火)午後4時をもって行うことができなくなります。今お持ちの住民基本台帳カードへ電子証明書の発行更新を希望される方は、手続に1時間程度かかるため、余裕をもって上記期限前に手続をお願いします。

 なお、発行更新手数料は500円、有効期間は発行更新日から3年間です。

 

マイナンバー制度に関するお問い合わせは

マイナチャン

コールセンター 0570-20-0178 (全国共通ナビダイヤル)

平日 午前9時30分から午後5時30分(土日祝日・年末年始を除く)※ナビダイヤルは通話料がかかります。

 

マイナンバー制度に関するホームページ(内閣官房)

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/index.html

 


 

 

 

 

 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
戸籍住民係
電話:095-882-3949(直通)
ファックス:095-882-9293(代表)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

[トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
(製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
 戻る ホーム