総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  ライフイベント [結婚・離婚]  >  国民健康保険について

国保・年金・高齢者医療


国民健康保険について

最終更新日 [2011年4月8日]  

 国民健康保険(国保)は病気やけがに備えてみんなで助け合う制度です。
 
職場の健康保険に加入している人とその扶養者、後期高齢者医療制度に加入している人、

生活保護を受けている人を除き、すべての人が国保に加入しなければなりません。

 

※外国人登録をしていて、1年以上日本に滞在すると認められた外国籍の人も国保に加入

  することができます。

 

1.こんな時には国保の手続きが必要です

 

2.給付について

 

  国保で受けられる給付と、自己負担割合

 

  70歳以上75歳未満の所得区分について

 

  医療費が高額になったときは

    【70歳未満の場合】

 

    【70歳以上75歳未満の場合】

 

    【70歳未満と、70歳以上75歳未満が同じ世帯の場合】

 

  高額介護合算療養費の支給

 

3.国保の給付が受けられない場合があります

 

4.交通事故などにあった場合は

 

5.出産育児一時金の支給について

 

6.葬祭費の支給について

 

7.特定健康診査、保健指導について

 

8.離職にともなう国民健康保険税の軽減について

この情報に関するお問い合わせは
国保・健康増進課
電話:095-882-3938(直通)
ファックス:095-882-9293(代表)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

[トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
(製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
 戻る ホーム