総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  ライフイベント [死亡]  >  交通事故などにあった場合は

国保・年金・高齢者医療


交通事故などにあった場合は

最終更新日 [2017年8月29日]  


  •  交通事故など第三者の行為によるけがや病気の場合でも国保で診療を受けることが
  • できます。

  交通事故等にあった場合は、必ず時津町役場国保・健康増進課の窓口に届け出て

ください。

   加害者から治療費を受け取ったり示談をすませると国保が使えなくなる場合がありま

でご注意ください。

 

【次の場合は国民健康保険は使えません】

 ・業務中や通勤中のケガは労災保険の対象になります。

 ・犯罪行為や故意の事故

 ・飲酒運転や無免許運転などの法令違反の事故

 

【第三者行為の届け出に必要な書類】

 ①第三者行為による被害届

 ②事故発生状況報告書

 ③念書(被害者側)

 ④誓約書(加害者側)

 ⑤交通事故証明書

  (※⑤の発行手続きは、事故発生場所の所管警察署へお問い合わせください。)

 

【保険会社のみなさまへ】

    交通事故等で第三者により受傷した傷病の治療に国民健康保険を使用する際は、保険者への届け出が義務付けられています。人身傷害保険で対応する場合でも、保険者への届け出をお願いします。

 

【保険医療機関等のみなさまへ】

    交通事故等の治療で来院された方がいらっしゃいましたら、国保・健康増進課へ連絡していただきますようご協力をお願いします。

 

【様式ダウンロード】

 

        •  

          この情報に関するお問い合わせは
          国保・健康増進課
          電話:095-882-3938(直通)
          ファックス:095-882-9293(代表)


          ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
           「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
          アドビリーダーダウンロードボタン
          (新しいウィンドウで表示)

          [トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

          添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
          (製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
           戻る ホーム