総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  ライフイベント [出産・育児]  >  中学生の福祉医療費の助成対象を通院分まで拡大します!

子育て


中学生の福祉医療費の助成対象を通院分まで拡大します!

最終更新日 [2018年1月26日]  

 時津町では、子育て世帯の経済的負担を軽減し、安心して子育てができるよう、これまで入院分のみだった助成対象を平成30年4月1日から通院分(医科・歯科・調剤)まで拡大します。

制度内容

 中学生(満15歳になった日以後最初の3月31日まで)のお子様が病院等に入院及び通院した際に支払う医療費の一部を助成する制度です。ただし、中学生の入院にかかる医療費は平成29年10月1日以降の診療分から、通院にかかる医療費は平成30年4月1日以降の診療分からが助成対象となります。

 ※こども福祉医療に関する詳細は、「こども福祉医療制度(小学生・中学生)」のページをご覧ください。

助成内容

 保険医療機関ごとに1日あたり800円。2日以上入院した場合は1,600円までが自己負担額となり、医療機関に支払う一部負担金のうち、健康保険の適用になっている金額から自己負担額を差し引いた金額が助成されます。

 なお、処方箋により保険薬局で調剤を受けた分は、全額助成されます。

 

助成方法

 健康保険の一部負担金を一旦お支払いいただき、後日、町福祉課へ申請していただくと認定申請時にご登録された口座へ払い戻しいたします(償還払い)。

 

受給資格認定手続きについて

 「福祉医療費受給資格認定申請書(こども)」により、町福祉課で受給資格認定の手続きを行ってください。

 

▽認定申請に必要なもの

 (1)福祉医療費受給資格認定申請書(こども)

 (2)対象者の健康保険証 ※コピー可

 (3)印鑑(認め印)

 (4)保護者の振込先口座が分かるもの

 

≪平成15年4月2日~平成17年4月1日生まれの方(現在の中学1年生、2年生の方)≫

 1月末に申請案内をお送りいたしますので、早めの手続きをお願いいたします。

 

≪平成17年4月2日~平成23年4月1日に生まれた方(現在小学生の方)≫

 こども福祉医療受給者証(黄色)をお持ちの方は、中学生になるときに受給者証をお送りいたしますので、手続きの必要はありません。

 

≪平成23年4月2日以降に生まれた方(これから小学生になる方)≫

 乳幼児福祉医療の受給者証(緑色)をお持ちの方は、小学生になるときと中学生になるときに受給者証をお送りいたしますので、手続きは必要はありません。

 

※平成14年4月2日~平成15年4月1日生まれの方(現在の中学3年生)は、入院することが決まったとき、または入院したときに町福祉課で受給資格認定の手続きを行ってください。 

 

※現在、小学生または乳幼児で、福祉医療の受給者証をお持ちでない方は、町福祉課で受給資格認定の手続きを行ってください。

 

 ※申請は郵送でも受け付けています。「福祉医療費受給資格認定申請書(こども)」は申請書ダウンロードのページにあります。

この情報に関するお問い合わせは
児童福祉係
電話:095-882-4533(直通)
ファックス:095-882-9293(代表)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

[トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
(製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
 戻る ホーム