総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  ライフイベント [介護・病気]  >  障害者虐待に関する通報・相談

健康・福祉


障害者虐待に関する通報・相談

最終更新日 [2012年10月1日]  

 「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」が平成24年10月1日から施行されました。

 この法律では、障害者虐待を受けたと思われる障害者を発見した者に対する通報義務を課しています。


 

【障害者手帳を取得していない方も対象です】

 障害者とは、「身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。)その他心身の機能の障害がある者であって、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるもの」とされており、障害者手帳を取得していない方も対象となります。

 

【障害者虐待とは】

障害者虐待とは、障害者に対して行う次のいずれかに該当する行為とされています。

 

1 身体的虐待

 障害者の身体に外傷が生じ、若しくは生じるおそれのある暴行を加え、又は正当な理由なく障害者の身体を拘束すること。

2 性的虐待

 障害者にわいせつな行為をすること又は障害者にわいせつな行為をさせること。

3 心理的虐待

 障害者に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応その他の障害者に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。

4 放棄・放任

 障害者を衰弱させるような著しい減食、長時間の放置、養護者以外の同居人による1から3までに掲げる行為と同様の行為の放置等養護を著しく怠ること。

5 経済的虐待

 養護者又は障害者の親族が当該障害者の財産を不当に処分することその他当該障害者から不当に財産上の利益を得ること。


【虐待の自覚は問いません】

 自分がやっていることが虐待に当たると気付いていない場合や「しつけ」「指導」「療育」の名の下に不適切な行為を続けていることがあります。

 また、虐待を受けている障害者も自分のされている行為を虐待と認識できない場合や無力感から諦めてしまっていることがあります。

 周囲が積極的に介入しないと虐待が長期化したり深刻化したりする危険性があります。

 

 虐待を見つけたら、すみやかに通報してください。


【虐待者により通報先が決まっています】

  • 養護者による虐待         → 時津町
  • 障害者福祉施設従事者等による虐待 → 時津町
  • 使用者による虐待         → 長崎県または時津町
     ※使用者:障害者を雇って働かせている事業主等のこと。


【通報・相談窓口】

 障害者の虐待や養護者の支援に関する相談、通報、お問い合わせは下記まで。

 

時津町障害者虐待防止センター(時津町福祉課内)
  平日8時45分~17時30分
    TEL 882-2211
    FAX 881-2764
  休日夜間(指定一般相談支援事業所 和みの里
    TEL 840-7132

 

長崎県障害者権利擁護センター

     (長崎こども・女性・障害者支援センター内)

    通報、届出等専用電話     0120-294210(平日9時~17時)

                FAX    095-844-1849

  

     お問い合わせ先(通報、届出、相談等以外)   095-844-6250 
    
   

 

この情報に関するお問い合わせは
障害福祉係
電話:095-865-6940(直通)
ファックス:095-882-9293(代表)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

[トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
(製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
 戻る ホーム