総合トップへプライバシーポリシーリンク集サイトマップ
   ホーム  >  くらし  >  マイナンバー制度について

くらし


マイナンバー制度について

最終更新日 [2017年8月17日]  

 平成27年10月から順次、町民の皆さん一人ひとりにマイナンバー(個人番号)が通知されます。

 

 平成25年5月に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」が成立し、マイナンバー制度が導入されることになりました。

 マイナンバー制度とは、国民一人ひとりにマイナンバーを付番し、国民の利便性向上や行政の効率化を図るための制度です。

 

【マイナンバー(個人番号)とは】

 国民一人ひとりが持つ、12桁の番号のことです。

 原則として、一度指定されたマイナンバーは生涯変わらず、平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続きで使用が始まります。

 

【マイナンバー導入による3つのメリット】

①国民の利便性の向上

 手続きの簡素化

 各種申請時に必要な証明書などの添付書類が省略できるようになります。

②公平・公正な社会の実現

 給付金などの不正受給の防止

 行政機関が国民の所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、不正受給などを防止できます。

③行政の効率化

 手続きが正確で早くなる

 行政機関や地方公共団体での作業の効率化が図られ、手続きがスムーズになります。

 

 

 マイナンバー制度の導入にあたっては、情報漏えい等のリスク軽減を目的として、法律の規定に従い、特定個人情報保護評価を実施する必要があります。

 【特定個人情報保護評価とは】

 マイナンバーを含む個人情報のファイルを保有しようとする又は保有する国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で、特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

 また、特定個人情報を取り扱う件数等により、評価の実施が義務付けられ、時津町においても評価を実施して国に提出(公表)しています。

 

 

公表した特定個人情報保護評価書は、以下のホームページ(評価書検索)から御覧いただくことができます。

マイナチャン

 検索条件画面で、以下のとおり入力をして検索してください。

【機関種別】:地方公共団体 にチェック

【評価実施機関名】:時津町長 と入力

【評価書の種類】:基礎項目評価書 にチェック

【公表日】:平成27年3月5日から と日付を入力

【表示件数】:20件 にチェック

 

 

 評価書検索

 

 特定個人情報保護委員会のホームページ

 

 

 

 

  マイナンバー制度に関するお問い合わせは

  コールセンター 0570-20-0178 (全国共通ナビダイヤル)

  平日 午前9時30分から午後5時30分(土日祝日・年末年始を除く)

  ※ナビダイヤルは通話料がかかります。

 

 マイナンバー制度に関するホームページ(内閣官房)

 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/index.html

 

  

この情報に関するお問い合わせは
戸籍住民係
電話:095-882-3949(直通)
ファックス:095-882-9293(代表)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)

[トレンドマイクロ社ウイルスバスター2011をご利用されている方]

添付ファイル(PDF、ワード、エクセル)を開くときに 「特定のWebページが表示できない/ファイルのダウンロードができない」 場合は、トレンドマイクロ社サポートページをご覧ください。
(製品Q&A) http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078463.aspx
 戻る ホーム