○時津町保健センターの設置及び管理に関する条例

昭和61年3月17日

条例第8号

(趣旨)

第1条 この条例は、時津町保健センター(以下「保健センター」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 町民の健康相談、健康教育及び健康診査を行い、健康の維持増進を図るため、次のとおり保健センターを設置する。

名称

所在地

時津町保健センター

時津町元村郷429番地2

(使用の許可)

第3条 保健センターの施設のうち時津町立公民館、時津町保健センター使用料条例(昭和35年条例第24号)別表に掲げる施設を使用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、保健センターの管理上必要と認めるときは、前項の規定による許可に条件をつけることができる。

(使用許可の制限)

第4条 保健センターを使用しようとする者が、次の各号のいずれかに該当するときは、町長は使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗をみだすおそれがあると認めるとき。

(2) 保健センター又はその付属設備をき損するおそれがあると認めるとき。

(3) 管理上支障があると認めるとき。

(使用者の義務)

第5条 第3条の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、この条例及びこれに基づく規則並びに町長の指示に従わなければならない。

(許可の取消及び使用の中止)

第6条 町長は、使用者が前条の規定に違反したときは、第3条第1項の許可の取消又は使用の中止を命ずることができる。ただし、これがために損害を生ずることがあっても町長は責任を負わない。

(使用料)

第7条 使用料は、別に条例で定める。

(損害賠償)

第8条 使用者が故意又は過失によって保健センター又はその付属設備をき損若しくは滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、この限りではない。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

時津町保健センターの設置及び管理に関する条例

昭和61年3月17日 条例第8号

(昭和61年3月17日施行)