○時津町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

昭和59年2月8日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)及び時津町廃棄物の処理及び清掃に関する条例(昭和58年条例第15号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において用いる用語及びその意義は、法及び条例において定めるところによる。

(廃棄物の搬入方法)

第3条 条例第5条第4項及び条例第9条の2の規定により廃棄物を時津クリーンセンター又はクリーンパーク長与に搬入するときは、事前に時津クリーンセンター又はクリーンパーク長与に連絡し、指示に従わなければならない。

(生活系廃棄物処理手数料の徴収)

第4条 生活系廃棄物処理手数料の徴収方法は、次のいずれかの区分による。

(1) 当月分を翌月の10日までに徴収する。

(2) 3ケ月分をまとめて、その3ケ月を経過した翌月の10日までに徴収する。

第5条 削除

(手数料減免申請の手続)

第6条 条例第16条の規定により手数料の減免を受けようとする者は、申請理由の判明する書類等を添え、廃棄物処理手数料減免申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 天災等により、状況が客観的に判断でき、かつ、町長が特に認めたときは、前項に規定する書類の提出を省略することができる。

(一般廃棄物処理業の許可申請)

第7条 条例第18条第1項第1号の規定による許可を受けようとする者は、一般廃棄物処理業許可申請書(様式第2号)に次の各号に掲げる事項を記載し、町長に提出しなければならない。この場合において、住民票の写し(法人にあっては定款及び登記事項証明書とする。)その他町長が指定する書類を添付しなければならない。

(1) 住所・氏名及び生年月日(法人にあってはその名称、代表者の氏名及び事務所の所在地)

(2) 収集、運搬及び処分の区別

(3) 取り扱う一般廃棄物の種類

(4) 一般廃棄物の処理施設、保管場所、車庫等の所在地、配置図、写真及び付近の見取図

(5) 自動車、船舶その他主たる器材の種類、数量、能力

(6) 収集、運搬及び処分の方法

(7) 作業場所及び作業計画

(8) 従業員の数

(9) その他町長が必要と認める事項

2 前項の規定により許可を受けた者が、同項第2号から第7号までに規定する事項を変更しようとするときは、あらかじめ、一般廃棄物処理業許可申請事項変更申請書(様式第3号)を町長に提出し、一般廃棄物処理業許可申請事項変更承認書(様式第4号)の交付を受けなければならない。

3 第1項の規定により許可を受けた者が、同項第1号第8号又は第9号に規定する事項に変更があったときは、その変更のあった日から15日以内に町長に届け出なければならない。

4 継続して許可を受けようとする場合において、町長が必要がないと認めるときは、第1項の規定にかかわらず同項各号に掲げる記載事項及び添付書類の一部を省略することができる。臨時に許可を受けようとするときも、又同様とする。

(し尿浄化槽清掃業の許可申請)

第8条 条例第18条第1項第2号の規定による許可を受けようとする者は、し尿浄化槽清掃業許可申請書(様式第5号)を前条第1項に定める事項に準じ記載し、町長に提出しなければならない。この場合において、住民票の写し(法人にあっては定款及び登記事項証明書とする。)その他町長が指定する書類を添付しなければならない。

2 前条第2項第3項及び第4項の規定は、し尿浄化槽清掃業の許可を受けたものについて準用する。

(許可証)

第9条 条例第18条第3項に規定する許可証の様式は、それぞれ様式第6号及び様式第7号とする。

(許可証の再交付)

第10条 条例第18条第1項の規定により許可を受けた者(以下「許可業者」という。)は、許可証を紛失し、又はき損したときは、直ちに許可証再交付申請書(様式第8号)により町長に申請し、許可証の再交付を受けなければならない。

(許可証の返納)

第11条 許可業者は、次の各号のいずれかに該当するときは、直ちに許可証を返納しなければならない。

(1) その業の許可を取り消されたとき。

(2) その業を廃止したとき。

(業の休止及び廃止届)

第12条 許可業者は、その業務の全部又は一部を休止し、又は廃止しようとするときは、業の休止・廃止届(様式第9号)により町長に届け出なければならない。

(報告)

第13条 条例第22条の規定による報告は、次の各号に定めるところによる。

(1) 条例第18条第1項第1号に規定する許可業者にあっては、毎月の実績を翌月の10日までに一般廃棄物収集・運搬業務実績報告書(様式第10号)によること。

(2) 条例第18条第1項第2号に規定する許可業者にあっては、毎月の実績を翌月の10日までにし尿浄化槽清掃業実績報告書(様式第11号)によること。

(3) 前2号に定めるもののほか、町長が必要と認めるときは、その都度、町長の指示する書式に従うこと。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

(既存規則の廃止)

2 時津町廃棄物の処理及び清掃に関する規則(昭和49年規則第5号)は、廃止する。

附 則(平成元年2月28日規則第2号)

この規則は、平成元年3月1日から施行する。

附 則(平成12年2月3日規則第3号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月7日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年1月30日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年3月30日規則第12号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。ただし、第3条の次に1条を加える改正規定(第4項に係る部分に限る。)は、平成18年7月3日から施行する。

附 則(平成19年12月25日規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年6月12日規則第13号)

この規則は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成27年3月18日規則第2号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

時津町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

昭和59年2月8日 規則第2号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
昭和59年2月8日 規則第2号
平成元年2月28日 規則第2号
平成12年2月3日 規則第3号
平成17年3月7日 規則第1号
平成18年1月30日 規則第1号
平成18年3月30日 規則第12号
平成19年12月25日 規則第16号
平成24年6月12日 規則第13号
平成27年3月18日 規則第2号