○西彼杵郡時津町と長崎市との間の消防事務の委託に関する規約

昭和46年10月12日

(委託事務の範囲)

第1条 西彼杵郡時津町(以下「甲」という。)は、消防に関する事務(消防団に係るもの、水利施設の設置、維持及び管理に関する事務を除く。以下「委託事務」という。)を長崎市(以下「乙」という。)に委託する。

(経費の負担)

第2条 委託事務の管理及び執行に要する経費は、甲の負担とする。ただし、乙が特に必要と認めた経費については、甲の長と乙の長とが協議して定めるものとする。

(収入の帰属)

第3条 委託事務の管理及び執行に伴ない徴収する使用料、手数料その他の収入は、すべて乙の収入とする。

(消防庁舎等の設置等)

第4条 委託事務の管理及び執行に必要な消防庁舎(付帯施設を含む。)及び機械器具は、甲と西彼杵郡長与町(以下「丙」という。)とで共同して設置するものとする。この場合において、設置に要する経費は、甲の長と丙の長とが協議して定めるものとする。

2 前項の消防庁舎及び機械器具の所有権は、甲と丙とで協議して定めるものとする。

(無線中継局の設置)

第5条 委託事務の管理及び執行に必要な無線中継局は、乙において設置するものとし、協議により別に定める額を甲は負担するものとする。

2 前項の無線中継局の所有権は、乙に帰属するものとする。

(委託事務の細目)

第6条 この規約に定めるものを除くほか、委託事務に関し必要な事項は、甲の長と乙の長とが協議して定めるものとする。

附 則

この規約は、昭和47年4月1日から施行する。ただし、第4条の規定は、昭和46年10月15日から施行する。

西彼杵郡時津町と長崎市との間の消防事務の委託に関する規約

昭和46年10月12日 種別なし

(昭和46年10月12日施行)