○時津町地域福祉基金運用益金活用委員会設置規程

平成4年3月6日

規程第3号

(設置)

第1条 時津町地域福祉基金運用益金の活用に関する規則(平成4年規則第2号。以下「規則」という。)第2条に規定する事業の範囲内で、具体的な事業及び対象者を公平かつ適正に選定する等運用益金の効果的な活用を図るため、時津町地域福祉運用益金活用委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(事務)

第2条 委員会は、次の事務の企画及び円滑な実施を行う。

(1) 規則第2条に規定する事業の計画策定に関すること。

(2) 前号の事業計画に基づく円滑な執行に関すること。

(3) その他委員会の設置目的を達成するための事務

(組織)

第3条 委員会は、次の各号に掲げる委員により組織し、町長が任命する。

(1) 時津町副町長

(2) 時津町福祉部長

(3) 時津町福祉課長

(4) 時津町社会福祉協議会1人

(5) 住民代表3人

(任期及び欠員補充)

第4条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げないものとする。

2 任期途中で欠員が生じた場合、速やかに補充するものとし、任期は、前任者の残任期間とする。

(役員及びその選出)

第5条 委員会に会長を1人置くものとし、会長は委員の中から互選する。

2 会長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 会長に事故あるとき、又は欠けたときは、会長があらかじめ指名する委員が、その職務を代理する。

(会議及びその選出)

第6条 委員会の会議は、会長が必要に応じ招集し、その議長となる。ただし、委員の任期満了等に伴い新たに組織された委員会の最初に開催される会議は、町長が招集する。

2 会議は、出席委員の4人以上をもって成立するものとする。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(会計年度)

第7条 委員会の会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。

(委員会の事務)

第8条 委員会の事務を処理するため、事務局を福祉課に置く。

(雑則)

第9条 この告示に定めるもののほか、委員会について必要な事項は、会長が定める。

附 則

この規程は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成4年4月1日規程第11号)

この規程は、公布の日から施行する。

改正文(平成19年3月31日告示第25号)

平成19年4月1日から適用する。

改正文(平成20年4月22日告示第28号)

平成20年4月1日から適用する。

改正文(平成21年5月21日告示第41号)

平成21年4月1日から適用する。

時津町地域福祉基金運用益金活用委員会設置規程

平成4年3月6日 規程第3号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
要綱類集/第6編 務/第5章
沿革情報
平成4年3月6日 規程第3号
平成4年4月1日 規程第11号
平成19年3月31日 告示第25号
平成20年4月22日 告示第28号
平成21年5月21日 告示第41号