時津町認知症講演会(兼 認知症の人と家族の会 時津秋桜会20周年記念企画)

認知症の人と家族の会時津秋桜会の設立20周年を記念するとともに、認知症に対する住民への普及・啓発を広く図ることを目的として、下記日時で講演会を開催します。

認知症の人と家族の会は、全国47都道府県に支部がある認知症の介護者などによって構成される団体で、1万1千人の会員が所属し、「認知症があっても安心して暮らせる社会」を目指し活動しています。

注意:なお、今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、やむを得ず開催を延期させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

日時

令和2年 9月27日(日曜日)

開演:午後1時30分

開場:午後1時00分

場所

とぎつカナリーホール (時津町野田郷62番地)

内容

〇認知症の人と家族の会の活動報告

〇映画上映 :ぼけますから、よろしくお願いします。

(令和元年度 文化庁映画賞、文化記録映画大賞)

〇監督講演:信友 直子 監督

映画概要

広島県呉市。この街で生まれ育った「私」(監督:信友 直子)は、ドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクター。18歳で大学進学のために上京して以来、40年近く東京暮らしを続けている。一人っ子の娘が、故郷を離れ結婚もせず、好きな仕事に没頭している姿を、両親は文句も言わずに遠くから見守っていた。

2014年、母はアルツハイマー型認知症の診断を受ける。その時から、90歳を超えた父が80代後半の母を介護する日々がはじまる。「私」は実家に帰ることも考えるが、父の「(介護は)わしがやる。あんたはあんたの仕事をせい」という言葉に、思い留まる。そして「私」は、両親の記録を撮ることが自分の使命だと思い始めた。

 

監督プロフィール

信友 直子

信友 直子

1961年広島県呉市生まれ。1984年東京大学文学部卒業。

1986年から映像制作に携わり、数多くのドキュメント番組を手掛ける。放送文化基金賞奨励賞、ニューヨークフェスティバル銀賞・ギャラクシー賞奨励賞を受賞。他に、北朝鮮拉致問題・ひきこもり・若年認知症・ネットカフェ難民などの社会的なテーマを描く。

対象

年齢、町内外問わずどなたでも参加できます。

主催

主催:時津町

共催:公益社団法人認知症の人と家族の会長崎県支部 時津秋桜会

申込方法

〇電話で申し込む場合

時津町地域包括支援センター(電話番号:095-813-2530)へ電話し、以下の内容をお伝えください。

1.氏名、2.住所、3.連絡先、4.緊急連絡先と続柄

〇直接、窓口にて申し込む場合

申込用紙に必要事項(氏名、住所、連絡先、緊急連絡先と続柄)を記入いただいた後、時津町高齢者支援課または時津町地域包括支援センターへ提出ください。

〇ファックスで申し込む場合

申込用紙に必要事項(氏名、住所、連絡先、緊急連絡先と続柄)を記入いただいた後、時津町地域包括支援センター(ファックス番号:095-813-2531)宛てに送信ください。

注意:所定の定員数に達した場合は、申込みを締め切らせていただきます。

注意:座席は全席指定とし、密にならないよう席と席の間隔を空けさせていただきます(お子様連れや車椅子でのご参加、その他、配慮が必要な方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください)。

〇申込受付後、申込されたご本人へ座席指定券を郵送いたします。

注意:座席指定券は、当日、入場の際に必要になるので、失くさないよう大事に保管してください。

留意事項

新型コロナウイルス感染予防のため、以下の対策を行います。ご理解とご協力をお願いいたします。

・密接を避けるために、席と席の間隔を空けさせていただきます。

・ご来場の際は、マスクの着用をお願いします。

・発熱や体調不良の方は、ご来場を控えていただくようお願いします。

・万が一、感染者が出た場合などに、来場者へ速やかに連絡が取れるよう、緊急連絡先を記入いただきます。

その他

詳細につきましては、下記の案内をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

時津町地域包括支援センター

〒851-2103
長崎県西彼杵郡時津町元村郷14-1
電話番号:095-813-2530

お問い合わせフォーム

更新日:2020年07月29日