「とぎつ生涯学習を考えるつどい」・「少年の主張大会」のご案内

今年も「とぎつ生涯学習を考えるつどい」・「少年の主張大会」を開催します。

地域力を向上するため、講演会や心打たれる「少年の主張」など盛りだくさんなプログラムです。

多数の皆様にご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

 

日時:令和2年12月6日(日曜日)午後1時開会

場所:とぎつカナリーホール(野田郷62番地)

プログラム

1.午後1時         開会行事                    

2.午後1時25分  とぎつ生涯学習を考えるつどい

          テーマ「今こそ 地域を 元気に!」

     〇講演会

              演題:「こんな時期だからこそ 笑って元気に」

              講師:鷹鳥屋神社宮司

                         矢野  大和  氏

3.午後3時10分  少年の主張大会

4.午後4時20分  閉会行事            

令和2年度「少年の主張大会」発表者一覧

小学生の部
発表順 発表者 性別 学校名 学年 発表題
1 小嶋  紗恵 時津東小学校 1年 わたしのゆめ
2 山中  陽翔 時津小学校 2年 とぎつってどんな町
3 宮内  さら 時津北小学校 3年 公園にゴミをすてないで
4 峰  春姫 時津北小学校 4年 ルールのある生活
5 入口  蒼大 時津東小学校 5年 プラスチックごみ問題
6 山田  蹴馬 鳴鼓小学校 6年 意見を主張する

 

中学生の部
発表順 発表者 性別 学校名 学年 発表題
7 新本  翔子 時津中学校 1年 感謝の意味と価値
8 山崎  美和 鳴北中学校 1年 失敗ははずかしいことではない
9 高石  実果 時津中学校 1年 現実の考え方
10 東雲  啓記 鳴北中学校 2年 ネットの誹謗中傷について
11 浅井  愛羽 鳴北中学校 2年 笑顔につながる感謝の言葉
12 山川  栞奈 時津中学校 2年 やばい
13 重野  結 青雲中学校 2年 顔ニモマケズ

 中学生の部、高石実果さんの「高」は機種依存文字であるため、対応する文字で表記しています。

鷹鳥屋神社宮司 矢野大和氏のプロフィール

1956年  鷹鳥屋神社の社家の長男として生まれる

1980年  宇目町役場に勤務

1989年  国民文化祭さいたま 全国素人落語競演会にて最優秀賞を受賞

2001年  「宇目町観光大使」に任命

2005年  佐伯市職員となり「佐伯市観光大使」に任命

2011年  大分合同新聞文化教室「話し方教室」を開始、「おおいた観光特使」に任命

2016年  話し方教室の生徒が累計100名突破

 

現   況:口演会講師として毎年400回を超える口演を実施

              若手噺家を大分に呼んで、落語会の開催

              新聞への執筆活動のほか、テレビ・ラジオに多く出演

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課 社会教育係

〒851-2198
長崎県西彼杵郡時津町浦郷274-1
電話番号:095-882-3978(直通)
ファックス番号:095-881-2725

お問い合わせフォーム

更新日:2020年11月01日