水道管の凍結に注意しましょう

ご家庭の水道管について

気温が氷点下になると、水道管が凍結・破裂する場合があります。

特に屋外のむき出しになっている水道管は、直接冷気にさらされて凍結しやすくなっています。

防寒方法・凍結対策

むき出しの水道管に使い古しの毛布・タオル、新聞紙、保温材(ホームセンター等で購入できます)など保温性のある物を水道管に巻きつけて、ビニール等で覆った後、ビニールテープやひもを巻いて補強してください。

また、凍結防止のために浴槽等へ糸状に少し水を出しておくと凍りにくくなります。

ただし水道料金はかかりますので、溜まった水は洗濯等に再利用してください。

凍って水が出ないときは

凍って水が出ないときは、気温が上がり自然に溶けるのを待ちましょう。

または、凍った部分にタオル等を被せてゆっくりと「ぬるま湯」をかけてください(熱湯をかけると破裂する恐れがありますので、絶対にかけないでください)。

破裂してしまったら

水道管や蛇口が破裂したときは、メーター器の隣に着いているハンドル止水栓を閉めて、時津町指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。修理にかかる費用はお客様のご負担となりますのでご了承ください。

ハンドル止水栓が分からなかったり、水が止まらない場合は、時津町役場上下水道課へ連絡してください。

(注意)業者の連絡先については下記リンクをご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道課

〒851-2198
長崎県西彼杵郡時津町浦郷274-1
電話番号:095-882-2538(直通)
ファックス番号:095-882-5655

お問い合わせフォーム

更新日:2021年12月17日