7月10日は参議院議員通常選挙の投票日です!!

7月10日は参議院議員通常選挙の投票日です

7月10日(日曜日)は、参議院議員通常選挙の投票日です。

投票は、町内8カ所の投票所で、午前7時から午後8時まで行われます。

私たちの意思を反映させる大切な選挙です。

18歳以上の皆さん、忘れずに投票しましょう。

なお、候補者の情報などは、長崎県選挙管理委員会のホームページをご覧ください。

参議院議員通常選挙関連情報一覧

タイトルをクリックすると該当ページに移動します。

1 投票要件について

2 投票所入場券および投票所について

3 選挙公報について

4 期日前投票・不在者投票等について

5 指定施設での不在者投票について

6 特定枠制度について

7 特例郵便等投票(新型コロナウイルス感染症療養者の方の投票)

8 参議院議員通常選挙は、ぜひ、親子で一緒に投票所に行きましょう!!

1 投票要件について

〇投票できる人

平成16年7月11日までに生まれ、令和4年3月21日までに時津町で住民票が作成された人、または転入届をした人で引き続き3カ月以上、住民基本台帳に記録され、時津町の選挙人名簿に登録されている人です。

〇他の市区町村に転出された(される)方

時津町の選挙人名簿に登録されている人(令和4年3月21日までに時津町で住民票が作成された人、または転入届をした人で引き続き3カ月以上、住民基本台帳に記録され、時津町の選挙人名簿に登録されている人)で、他の市区町村に転出された(される)方については、今回は時津町での選挙となります。

投票の方法については、次の1および2のいずれかになります。

  1. 投票日当日に、時津町内の投票所(町内8カ所)で投票するか、投票日の前日までに時津町の期日前投票所(本庁舎5階)で期日前投票
  2. 転出先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票

宣誓書兼請求書(不在者投票)に記入して、時津町の選挙管理委員会あてに「不在者投票用紙」の交付請求

(注意)郵送手続きに日数を要しますので、早めの手続きをお願いします。

なお、請求手続き後に、送られてきた投票用紙及び封筒等には、何も記載せずにそのまま転出先の市区町村の選挙管理委員会に持参したうえで、不在者投票を行ってください。

詳しくは、他の市区町村へ転出された(される)方へ(PDFファイル:138.5KB)のチラシをご覧ください。

2 投票所入場券および投票所について

投票所入場券は、ご本人と選挙人名簿の照合(本人であることの確認)および投票事務を円滑に行う目的で郵送しています。

投票入場券の投票所欄に記載されている場所が、投票日当日の投票所となります。指定された投票所以外では投票できませんので、よくご確認のうえ、投票所へお越しください。

また、投票所所在地については、下記の投票所一覧もご利用ください。

投票所一覧(PDFファイル:52.1KB)

投票所位置図(PDFファイル:240.5KB)

3 選挙公報について

候補者の政見・経歴などを掲載した選挙公報を6月27日(月曜日)頃から、順次、配付する予定です。

また、町内の各公共施設でも、配付しております。

選挙公報の内容は、長崎県選挙管理委員会のホームページに掲載しています。

4 期日前投票・不在者投票等について

〇期日前投票

投票日に仕事や旅行などで投票に行けない人は期日前投票ができます。

投票所入場券(ハガキ)または下記の期日前投票宣誓書をご持参いただけると手続きがスムーズになります(期日前投票所でも様式は置いてあります)。

期日前投票宣誓書(様式)(PDFファイル:147.7KB)

期日前投票宣誓書(記入例)(PDFファイル:206.9KB)

〇期日前投票は、次のとおり行っています。

期間:6月23日(木曜日)~7月9日(土曜日)<祝日を含む毎日>

時間:午前8時30分~午後8時

場所:時津町役場本庁舎5階中会議室

〇不在者投票

旅行や出張などで選挙期間中に、時津町外に滞在する場合は、滞在先の市町村選挙管理委員会で不在者投票ができます。

不在者投票をするためには、宣誓書兼請求書(不在者投票)に必要事項を記入し、時津町選挙管理委員会に投票用紙を請求することが必要となります。

手続きには郵便を用いるため、相当の日数を要しますので、早めのお手続きをお願いします。

不在者投票宣誓書(様式)(PDFファイル:147.7KB)

不在者投票宣誓書(記入例)(PDFファイル:221KB)

宛先

郵便番号851-2198

時津町浦郷274番地1

時津町選挙管理委員会

5 指定施設での不在者投票について

〇指定施設での不在者投票

下記の指定病院等に入院・入所中の人は、その施設長に申し出ると、その入院・入所場所で不在者投票ができます。

不在者投票指定施設一覧<令和4年6月10日現在>(PDFファイル:417.2KB)

請求書/投票用紙及び不在者投票等交付請求書(PDFファイル:137.7KB)

委任状/投票用紙及び不在者投票等交付請求書(PDFファイル:56.5KB)

〇代理投票および点字投票

手のけがや字が読めないなど、自分で記入ができない人は、投票所の係員にお気軽にお申し付けください。係員が投票のお手伝いをします。

また、目の不自由な人のために、点字器を備えていまので、必要なときは投票所の係員にお気軽にお申し付けください。

〇重い障害のある人のための郵便投票制度

身体障害者手帳か戦傷病者手帳をお持ちの方で、次の(1)または(2)に該当する方、または介護保険の被保険者証の要介護状態区分が「要介護5」の方に認められています。

(1)身体障害者手帳に両下肢、体幹、移動機能の障害の程度が1級または2級である者として記載されている者。身体障害者手帳に心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害の程度が1級または3級である者として記載されている者。身体障害者手帳に、免疫、肝臓の障害の程度が1級から3級である者として記載されている者。手帳の記載では該当するかどうかわからないときは、選挙管理委員会にお尋ねください。

(2)戦傷病者手帳に両下肢、体幹の障害の程度が特別項症から第2項症である者として記載されている者。戦傷病者手帳に心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害の程度が特別項症から第3項症である者として記載されている者。手帳の記載では該当するかどうかわからないときは、選挙管理委員会にお尋ねください。

また、郵便等による不在者投票ができる人のうち、一定の要件に該当する人は、投票用紙への記入をあらかじめ届け出た人に代理記入をさせることができます。

新たに郵便等投票証明書が必要な人や、代理をさせたい人は、早めに時津町選挙管理委員会までお問い合わせください。なお、投票用紙が請求できるのは、7月6日(水曜日)までとなっておりますので、ご注意ください。

6 特定枠制度について

参議院比例代表選出議員選挙とは、有権者は、当選させた候補者の氏名または政党等の名前のいずれかを記載して投票するものです。

政党等の総得票数(候補者氏名が記載された投票と政党等の名前が記載された投票の合計)に基づいて、各政党等の当選人の数が決まり、得票数の多い候補者から順次当選人となります。

さらに、前回の選挙から「特定枠制度」が導入されています。

この制度は、政党等が優先的に当選人となるべき候補者を届け出た場合は、特定枠以外の名簿登載者よりも優先して当選人となります(優先的に当選人となるべき候補者(特定枠内の候補者)については、当選人となる順位が付せられています)。

なお、優先的に当選人となるべき候補者(特定枠内の候補者)の氏名を記載した投票は、政党等の名前が記載された投票とみなされます。

7 特例郵便等投票(新型コロナウイルス感染症療養者の方の投票)

〇特例郵便等投票

新型コロナウイルス感染症で「自宅療養」または「宿泊療養」されている方で、外出自粛要請または隔離・停留の措置にかかる期間が、選挙期日の公示の翌日から選挙当日までの期間にかかると見込まれる方が郵便等による不在者投票をすることができる制度です。詳しくは、長崎県選挙管理委員会のホームページをご覧ください。

(注)濃厚接触者の方は、対象ではありません。投票所での投票ができます。(投票所におけるマスクの着用や手指消毒などの感染症対策をお願いします。)

〇投票用紙等の請求手続き

1.特例郵便等投票は、選挙期日の4日前までに、感染症法または検疫法による外出自粛要請または検疫法による隔離・停留の措置にかかる書面(以下、外出自粛要請等の書面)を添えて選挙管理委員会へ投票用紙の請求をします。外出自粛要請等の書面の提示(同封)ができない場合は、選挙管理委員会が保健所や検疫所から情報提供を受けて、特例郵便等投票の対象者であることを確認します。

以下の請求書に必要事項を記入の上、郵送(ポスト投函)してください。また、お電話で選挙管理委員会にご連絡いただきますと、請求書用紙や返信用封筒等を送付することも可能です。

特例郵便等投票請求書(様式・記載例)(PDFファイル:427.7KB)

【請求書を郵送されるときの留意点】

郵送されるときは、以下の「受取人払の表示」を定型サイズ封筒(定形外封筒は不可)に貼り付けて、封筒の右上に赤線(速達扱いとするため)を引き、ファスナー付きの透明ケースに入れて、療養者(選挙人)ではない人にポストへの投函を依頼してください。ファスナー付きの透明ケースの入手が困難な場合には、透明なケースや袋等に入れて、テープ等で密封し、表面をアルコール消毒してください。

受取人払いの表示及び使用方法(PDFファイル:272.7KB)

2.特例郵便等投票請求書が選挙管理委員会に到着後、選挙管理委員会から本人宛に投票用紙等を郵送(交付)します。

投票用紙等の請求手続きの詳細(PDFファイル:500.1KB)

〇投票の手続き

1.療養者(選挙人)は、投票用紙に記載してから、投票用紙を内封筒に入れ、さらに外封筒にいれて封をしてください。その後、外封筒の表面に、「投票した年月日」、「投票した場所」、「投票者氏名」欄にご自身の名前を記入してください。
2.記入の終わった外封筒を返信用封筒に入れて、返信用封筒表面の「投票在中」に丸をつけます。
3.返信用封筒を透明のケースに入れて、表面をアルコール消毒して、療養者ではない人に郵便ポストへの投函を依頼してください。投票用紙が届きましたら、なるべくお早めに投票を済まされてください。

投票の手続きについて(PDFファイル:892.6KB)

手続全体のイメージ図

image

〇罰則について

特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉やなりすまし等虚偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪(1年以下の禁固または30万円以下の罰金)、虚偽投票罪(2年以下の禁固または30万円以下の罰金))が設けられています。

8 参議院議員通常選挙は、ぜひ、親子で一緒に投票所に行きましょう!!

選挙権のない18歳未満の子どもについても、有権者の同伴であれば、投票所内に入ることができます。

未来を担う子どもたちに、少しでも選挙に関心を持っていただくためにも、ぜひ、親子で投票に行きましょう。

 

この記事に関するお問い合わせ先

選挙管理委員会

〒851-2198
長崎県西彼杵郡時津町浦郷274-1
電話番号:095-882-2212(直通)
ファックス番号:095-882-9293(代表)

お問い合わせフォーム

更新日:2022年06月22日