ロタウイルスワクチン接種費用の一部助成を行っています

ロタウイルスワクチン接種費用の一部助成を行っています

時津町では、本町に住民登録があり、対象年齢に該当する乳児へのロタウイルスワクチン接種費用の一部助成を行っています。

ただし、平成31年3月31日以前に自己負担で接種を受けた人は助成の対象とはなりませんのでご了承ください。

ロタウイルス胃腸炎について

ロタウイルスは5歳までにほとんどすべての乳幼児が感染するウイルスで、ロタウイルス胃腸炎という乳幼児に多く起こるウイルス性の胃腸炎の原因となります。その多くは突然の嘔吐に続き、白っぽい水のような下痢をおこすほか、発熱を伴うこともあり、回復には1週間ほどかかります。重症化した場合、嘔吐や下痢に伴う脱水やけいれん、腎不全、脳炎・脳症などの合併症のため入院が必要となることがあります。

ロタウイルスワクチンの種類と助成金額、自己負担金額について

ロタウイルスワクチンは、現在2つの製品があり、接種回数が異なります。どちらか一方のワクチンを選んでいただき、規定の回数の接種を行います。どちらのワクチンを接種しても規定回数接種した場合の助成金の総額は9,000円となります。

 1価ワクチン(製品名:ロタリックス)

  • 対象年齢:生後6週初日から24週初日まで(1回目は20週初日までに接種してください)
  • 接種方法:4週以上の間隔で2回接種
  • 助成金額:1回あたり 4,500円(2回まで助成します)
  • 自己負担金額:医療機関により異なります。

5価ワクチン(製品名:ロタテック)

対象年齢:生後6週初日から32週初日まで (1回目は24週初日まで、2回目は28週初日までに接種してください)

  • 接種方法:4週以上の間隔で3回接種
  • 助成金額:1回あたり 3,000円(3回まで助成します)
  • 自己負担金額:医療機関により異なります。

どちらのロタウイルスワクチンも1回目の接種は、14週6日までに行うことが推奨されています。(生後14週というのは、誕生日から14週後の同じ曜日のことをいいます。)

異なるロタウイルスワクチンを交互に接種することはできませんのでご注意ください。

なお、生活保護世帯の人は自己負担額が無料となりますので、時津町福祉課が発行する『生活保護受給証明書』を医療機関へ提出してください。発行手数料は無料です。

持参するもの

母子健康手帳、保険証等(生年月日、住所がわかるもの)、自己負担金

接種場所

指定医療機関で接種してください。医療機関によっては、一旦全額自己負担し、後日、時津町に償還払い申請が必要になります。

接種の際は、事前に電話で予約してください。

健康被害救済制度について

ロタウイルスワクチン接種を受けて健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)による「医薬品副作用被害救済制度」または町が加入する保険に基づく救済の対象となります。

予防接種法に定められている定期接種の救済額の二分の一程度となります。

指定医療機関以外でロタウイルスワクチンの接種を受けた方へ

平成31年4月1日以降に、指定医療機関以外で接種された人は、助成金の償還払いの制度があります。詳細については、国保・健康増進課へご連絡ください。

申請時に必要なもの

・領収書(ロタウイルスワクチン接種が明記されたもの)

・申請者の通帳の写し

・母子健康手帳、予診票の写し

・印鑑

この記事に関するお問い合わせ先

国保・健康増進課

〒851-2198
長崎県西彼杵郡時津町浦郷274-1
電話番号:095-882-3938(直通)
ファックス番号:095-881-2764

お問い合わせフォーム

更新日:2019年08月30日