統一的な基準による財務書類

 平成27年1月に総務省から「統一的な基準」による財務書類等を作成するよう、すべての地方公共団体に要請がありました。

 時津町では、こうした状況を踏まえ、平成28年度決算から「統一的な基準」に基づく財務書類を作成し、公表することとしました。

 複式簿記に基づく発生主義による財務書類を作成することにより、時津町が所有するすべての資産と負債状況や行政サービスに要したコストを把握し、今後の予算編成や決算分析において活用していきます。

財務書類について

財務書類の一覧表

財務書類

内容

貸借対照表

 貸借対照表は、年度末時点で時津町が保有する資産、負債、純資産を表したもので、時津町が、住民サービスを提供するために保有している資産と、その資産をどのような財源(負債・純資産)で賄ってきたかについて、統括的に示したものです。
 資産は、サービス提供能力を表し、負債は、将来世代の負担を、純資産は、現在までの世代の負担を表します。

行政コスト計算書

 行政コスト計算書は、民間企業の損益計算書に近いものですが、単に損益を表すものではなく、1年間の行政活動のうち人的サービスや給付サービスなどの資産形成につながらない(単年度で完結する)行政サービスに係る経費と、その行政サービスの直接の対価として得られた財源(使用料・手数料等)を対比して示しています。

純資産変動計算書

 純資産変動計算書は、純資産(過去の世代や国・県が負担した将来負担しなくてもよい資産)が1年間にどのように増減したかを、財源(税収等・国県等補助金)、固定資産の変動、資産評価差額、無償所管替等、その他に区分して表示したものです。

資金収支計算書

 資金収支計算書は、1年間の資金の流れを表すもので、収支の性質に応じて業務活動収支、投資活動収支、財務活動収支に区分して表示することで、どのような活動に資金が使われたかを示しています。

時津町の財務書類について(令和3年度)

時津町の財務書類について(令和2年度)

時津町の財務書類について(令和元年度)

時津町の財務書類について(平成30年度)

時津町の財務書類について(平成29年度)

この記事に関するお問い合わせ先

企画財政課

〒851-2198
長崎県西彼杵郡時津町浦郷274-1
電話番号:095-882-3916(直通)
ファックス番号:095-882-9293(代表)

お問い合わせフォーム

更新日:2023年03月31日